HOME › 季節の装い〜選び方

季節の装い〜選び方

季節ごとに装いを変えるといっても、全てのアイテムを季節ごとに変える必要はありません。

たとえばノースリーブのワンピース。
8月にはそのままの形で、9月には大判ストールを羽織って秋気分へシフト、10月にはトレンチコートを無造作に羽織って大人のフレンチシックを気取ってみる、なんていうアレンジでもいいのです。大切なのは、春夏秋冬にふさわしい着こなし方をすること。

色使いや素材の吟味も大切です。
いくらシーズンレスになったからとはいえ、ウールは相変わらず冬の素材ですし、軽やかなコットンは春から夏にかけての素材です。真冬のコットンは寒々しい印象を人に与えてしまうので、やはり冬には冬の素材を取り入れたいものです。

買い物する女性また、色使いには、その年々の流行が現れます。流行はその全てを取り入れなくてもいいのですが、流行について何も知らないままでいると、服を着たときに「なんだか時間が止まったような人」という印象を人に与えてしまうため、たまにはウインドウショッピングをするなどして、その時々の流行が何かを知っておくことは季節感を人に感じさせるためにも大切なことです。

自分はベーシックな服が好きだから、流行は関係ないわ、と思っていらっしゃる方。実はベーシックなTシャツやジャケット、シャツなども、毎年流行に合わせて少しずつフォルムを変えているのです。それに気づかずにいると、「別におかしいところはないのに、なんだか野暮ったい人」になってしまう恐れがあります。
嘘だと思ったら、ためしに5年前に買った白いプレーンなシャツと今年の白シャツを比べてみてください。ほら、全然違うでしょう?ベーシックにもリセットが必要なのです。

適度に流行を取り入れた、季節感のある女性。このサイトで提案していくのは、そんな女性です。

 

body>